初めて”カメラ”を紹介するのですが、このブログではレンズを紹介するという趣旨を貫く為に、あえレンズ名を主題としてみました。
T2

CONTAX T2は今やフィルムカメラをある程度かじった人なら大体知っているあのカメラ。

1990年に販売開始し、ズーム版のTvsまで作られ、ボディカラーは限定色も合わせたら6種類にもなった人気機種です。今もその人気は衰えず当時と同じかそれより高い値段で取引されています。

外見はチタンボディという堅牢性、現代でも通用する高級感のあるデザイン。
レンズは38mmという絶妙な焦点距離が作り出す非現実的な世界観が人気の秘訣だと感じています。

これはあくまで私の意見なので話半分程度で聞いていただきたいのですが、
自分の目から見てる焦点距離っておおよそどれくらいだと皆様は感じてるでしょうか?
50mmから35mmの間と答える人がほぼ全員だと思います。
おおよそ50mmは見てる物の倍率が一緒で、35mmは視野角が一緒と私は仮定をしているので、その間の焦点距離というのは人間の目と同じような角度や倍率に見えていて、自分が見ている風景をそのまま切り取る事ができるから使いやすい焦点距離になると私は考えています。

コンパクトカメラは28mmや35mmが多いのですが、それよりももう少し倍率の高いT2はよりどちらの意見の間にくる=万人受けしやすいのではないか。という風に考えています。

それでいて写りがレトロで見るものと違うように写るというギャップが今大ヒットしている要因だと考えています。

それでは、白黒で撮ってきたのでご覧頂こうと思います。
この写真は現像に出した際スキャニングして頂き、データにしていただきました。

使ったフィルムはILFORD XP2 SUPER 400です。
IMG_1553
IMG_1552
25f32b64c2e4fce8e90b95ea07277e9a
2f7e51a9702fa46c318ac9b3251a10cc

T2の生み出す空間というのはやはり不思議で、なんだかもっと撮りたいという気にさせてくれます。
私あんまりフィルムを触ってこなかった身なのですが、白黒フィルムのダイナミックレンジが広い事に驚かされました。

こんなにコンパクトなカメラでもこんなにいい写真出てくるならお散歩に忍ばせておきたいカメラですよね。
今かなり高騰してるT2ですが所有欲が満たされてサッと撮れて、持ち運びも苦じゃない。なのに写りもいい。
そんなT2今だからこそ今のご時勢人気なんだと思います。

桜がそろそろ満開を迎えたりと春だなと思わせる季節。私は写真の意欲が上がってまいりました。

すこしモチベーションが少ないよって方もT2だったら少しはハードルが下がるかもしれません。

是非いかがでしょうか?