ヤシコンのパンケーキレンズといえばTessar45mm。

写真も撮れる高級ボディキャップって誰かが言ったような言ってないような。

Tessar45.2.8


そんな本当に薄くて持ち運びがとっても楽なパンケーキレンズですが、Tessarだからこそ薄く出来るんです。(ガウス型パンケーキレンズもあります。)

Tessarというのは3群4枚という少ないレンズの枚数で薄く携帯もしやすい構造でながら、鷹の目のような鋭くシャープな写りを楽しめるので、気軽に写真を撮ると言う面での気軽さは絶大です。

しかもイメージサークルが大きいので中判デジタルでもケラれない。(GFXではケラれませんでした)

ただし、EOSのフルサイズ一眼レフ機ですと後ろの金具がミラーと干渉して使えません。(APS-C機であれば問題なく使えます。)

ミラーレスに装着すると勿論Y/Cマウントレンズですから他のレンズと同じだけフランジバックを足さないといけませんので折角のパンケーキレンズなだけにちょっと勿体無い。

ですが、デジタルとTessar型の相性は良くそのシャープさを最大限に生かせます。

では試写と行きたいのですが、このレンズ、残念な事にクモリが持病です…皆さんクモリって聞くと少し引いちゃいますよね?

なので今回はあえてそのクモリがあるレンズでお店の周りで試写しました。
DSC04404
DSC08817
DSC04409
DSC08815

使えるんじゃない?ってレベルだと思います。

素はTessarですから、開放でもこれだけしっかりと写るのはさすがです。

確かにクモリのある玉を見てしまうと悩んでしまいますが、案外いけるもんです。

状態のいいものには敵いませんが、安くレンズを楽しみたいと言う方はあえて少し状態の悪い物を選んでもいいのかもしれません。

ちなみに、最後の写真F8まで絞った写真がこちら↓
DSC08816
このレンズはクモってるのか疑問なほど素晴らしく解像してる。恐るべし…

今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました!