今回紹介するレンズはFlektgon 35/2.4です。
Fle35,2.4

このレンズはZeiss Jena製。東ドイツ産まれです。

寄れるZeissという事でとても有名なレンズですね。

Flektogon35mmにはF2.8とF2.4がありますが今回はF2.4の方を紹介したいと思います。

F2.8とF2.4の違いは3つあります。

・明るさ(2.8か2.4か)

・最短撮影距離(18cmか20cmか)

・MC(マルチコート)の有無(F2.8は無しF2.4は有り)

です。

ちなみになんですが、いわゆるゼブラって言われているレンズは全てF値が2.8のタイプになります。

黒鏡筒はF2.4、F2.8共に存在します。

それでは作例になります。
DSC03610
ここから最短まで寄ってみます。
DSC03611
ここまで寄れちゃいます。恐ろしいほど寄れる。
DSC03614
DSC03615
DSC03618
DSC03621
DSC03616
DSC03617
DSC03622
DSC03620
個人的に街歩きには35mmという画角は使いやすく、広角過ぎず望遠過ぎないバランスの取れた画角と同時にとても心地よい画角です。

心地よいのは私の記憶できる視野が35mmくらいだからという所が作用してると思います。

そして表現力豊な色。20cmまで寄れる使い勝手のよさ。ボケの美しさ。どれをとっても申し分ないです。

このレンズ人気な理由が分かります。

私個人的な意見なんですけど、Jenaのレンズって凄く味わい深くて素敵なレンズが多いなっていうイメージです。

皆様もこれを機にJenaのレンズ1本如何でしょうか?

それではこの辺で失礼します。またね!