はじめまして。
この度2020年4月から新米社員として極楽堂に勤務しております。

私自身オールドレンズはまだまだ知らない事ばかり。

そう、オールドレンズ初心者なのです。

このブログはそんな私の備忘録兼レンズ紹介ブログといった感じでしょうか!

これからよろしくお願いしますね。m(*_ _)m

挨拶はこれくらいに、今回の話題といきましょう!



Planar85mmというレンズ。


89036398-s
極楽堂HPより引用

Planar85/1.4といえば50/1.4の次点でYCマウントの中では有名なレンズ。(超個人的見解)

開放だとピントが浅すぎて合わせるのに苦労するレンズです。

私自身も慣れてないのもあるかもしれませんが、α7の拡大プレビューを使わないとピン甘が怖いです…

外観はお相撲さんのような物凄い迫力があります。太く見えるが中身はガラスがぎっしり入っていて、無駄のない身体つきをしています。

では作例集です。(ボディは全てα7II、F値は全て解放です。)
DSC03449
DSC03450
DSC03451
DSC03454
DSC03455
ふんわりとした質感の中にもピントのメリハリがあるレンズです。

見た目とは裏腹にとても優しさのある写りをしてくれます。

ポートレートで使う方が多くいらっしゃると聞きますが、これは使ってみたくなるレンズであると私も思います。

2.8まで絞るとまた違う質感が現れてきます。

ここからはF値2.8で撮った写真になります。
DSC03465
DSC03462
1.4の時より、しっかり写るな。というイメージがありませんか?

もちろん光学的な話をすれば絞ればシャキっとしてくるんですが、このレンズは性格が変わったかのようにくっきり写ってくれるように感じます。

そして2.8で撮った写真の比較として1.4バージョンがこちら。
DSC03464
DSC03461
なんとなく違いが伝わってくれたら嬉しいです。

このレンズを使ってみて、一言で表すなら非現実を体感した。

って言葉が1番合うでしょうか。

本当に素敵な世界を演出してくれるレンズだと思います。

こんな感じで1本でも多くのレンズを私の体感100%で紹介できたらと思っております!

今回はこの辺で失礼します!またね!
DSC04216
F1.4
DSC04217
F2.8
DSC04218
F8
DSC04219
F16